株式会社松南園

お茶の話Tea

おいしいお茶は「美味しいお水」から

おいしいお茶は「美味しいお水」から

淹れたお茶の成分は99.7%が水です。水の違いがお茶のおいしさに影響してきます。ひと手間加えれば、お茶がもっとおいしくなります!

お茶に適した水とは

お茶をおいしく飲むには、お茶をいれる水がおいしいことが大切な条件です。
お茶に適した水とは、バランスのよいミネラル、適度な硬度、pH、炭酸ガス、酸素を含み、有機物や鉄、マンガンなどが少ない水とされています。

水道水を使うときはカルキ抜きを!

水道水でもお茶に適した水の条件は満たしていますが、カルキ消毒されているため、そのままではおいしく飲めません。
カルキ臭さを消すには、お茶を入れる前に水道水を2〜3分沸騰させて、一度冷ますと良いそうです。
(水が特においしくないといわれている地域では、5分以上沸騰させるのが良いとされています)

※水を沸騰させる以外にも、水道水を4〜5時間汲み置きしておくことで、カルキは抜けます。
※浄水器を使っている家も増えてきたと思いますが、その場合でも水を沸騰させてから使うのが理想的です。

日本茶にあう水は硬度30〜80程度

お茶に適した水で入れれば、お茶はよりおいしくなります。
軟水、硬水という言葉を耳にされた方もいらっしゃると思いますが、水は硬度という単位で表わされます。硬度とは、水中のカルシウムイオンとマグネシウムイオンの量のことですが、日本茶にあう水の硬度は30〜80程度と言われています。お茶の旨み、渋み、苦味がバランスよく出るからだそうです。
軟水(硬度10以下)の場合は、苦渋味を強く感じるようになり、硬水(硬度100以上)だとお茶の苦味が逆に抑えられてしまい、いずれの場合も日本茶には向きません。市販のミネラルウォーターを購入される方は、参考にしてみてださい!

おいしいお茶の入れ方

おいしいお茶の入れ方

入れ方ひとつで、お茶の味は全く変わります。それぞれのお茶の特徴を活かしたおいしい入れ方をご紹介します。

玉露

玉露は50℃〜60℃の温めのお湯で、2分間しっかり浸出させてください。

1. 湯を湯冷ましに入れ、冷まします。(湯冷ましがない場合は、マグカップなどでOK)
2. 冷ました湯を急須に入れ、さらに冷まします。
3. 急須の湯を茶碗の8分目ほど注ぎます。(茶碗は玉露用の小振りなものを使用)
4. 急須に茶葉を入れ、茶碗の湯を注ぎます。(3人で10gが茶葉の目安)
5. 2分間ほど待ってから廻し注ぎ(※1)で最後の一滴まで茶碗に注ぎます。

※1 廻し注ぎとは、複数の茶碗にお茶を入れておいしく飲むための方法です。3杯のお茶を入れる場合、1→2→3の順番で入れたあと、今度は逆に3→2→1の茶碗に順に注いでください。

煎茶

煎茶は、70℃〜90℃のお湯で、1分間浸出してください。

1. 茶碗に湯を入れ冷まします。(煎茶(上)の場合は、70℃のお湯を50ml、煎茶(並)の倍は、90℃のお湯を80mlが目安)
2. 茶を急須に入れます。(5人で10g程度が目安)
3. 冷ましたお湯を急須に入れ、1分ほど待ってから注いでください。

番茶・ほうじ茶

番茶、ほうじ茶は熱湯・茶葉をたっぷりと。茶はこまめに取り替えてください。

1. 茶を急須に入れます。(5人で15g程度が目安)
2. 急須に熱湯を入れ、約30秒待ってから注ぐ。
(茶の葉の成分が出尽くしやすいので、新しい茶葉に取り替えた方がおいしいお茶を楽しめます。)

おいしいお茶を楽しむには、保存方法も大切です!

おいしいお茶を楽しむには、保存方法も大切です!

買ってきたお茶はどうしてますか?お茶をおいしく飲むには、入れ方・水の選び方だけでなく、保存方法も大切なのです。

お茶はとってもデリケート。冷暗所での保存は欠かせません。

お茶はとてもデリケートなもの。温度や光によって変質しやすく、他のものの臭いも移りやすいなどという性質があります。 そのため、保管場所には「臭いが少ない」「涼しい」いわゆる冷暗所であることが必須条件です。

ご家庭の場合、冷蔵庫にお茶を保存するというのも1つの手です。 お茶にとって、適温は5〜10度ですから、なるべく冷蔵庫からの出し入れの際、あまり温度差が生じない場所を選んで保管してください。 また、冷蔵庫から出してもすぐには開封せず、しばらくおいて常温に戻してから使うのをおすすめします。

10日分を目安に小分けして保存!

お茶の変質を防ぐには、できるだけ空気に触れさせないことが大切です。
そこで、10日分くらいを目安に、買ってきたお茶を小分けし、密封容器に入れておくのがよいでしょう。
冷蔵庫で長期保管するときは、他の食品の臭いがつかないように、容器をビニールテープで密封し、さらにビニール袋に入れておくと良いでしょう。